Amazon Echoシリーズ Gadget SwitchBot

【スマートホーム】新製品誕生でSwitchBotの魅了がますますUp!!

こんにちは!!hecatonです。

今回はSwitchBotの新製品の情報です。

まず本日2022年5月29日時点で複数新製品があるようですが、写真と概要が明らかになったものがいくつかあります。

あとは以下の写真にあるように隠されています・・・まだ2つありますね。

なんだろ?

楽しみですね!!

目次

SwitchBot新製品!!

で、今写真でも明らかになっている製品は2種類。

SwichBotロボット掃除機 と SwichBotキーパッドです。

ロボット掃除機への参入にはびっくりしましたね。

今までの傾向からですと案外小物の製品でラインナップを広げていくのかと思いきや、ロボット掃除機ですからね。

しかも最近のロボット掃除機のトレンドを押さえていてロボット掃除単体と自動ダスト収集ボックス付きの2タイプのラインナップですよ。

さらに水タンクも装備されている、つまり水拭きも出来る2 in 1タイプ!!

確かに掃除が自動で出来ると、次は床拭きもしたくなるんですよね。

水拭きもどの程度の能力かわかりませんが、今後は1台で掃除と水拭きが出来ないと戦えないかも知れませんね。

詳細は不明ですが先行メーカー製品と比較しても見劣りしない機能です。

ちょっと本気度を感じましたね。

一方SwitchBotキーパッドは待ってました!!という感じです。

これは恐らく玄関の外に設置して暗証番号を押す、またはキーパッドタッチの場合は指紋認証に対応していて、SwichBotロックと連携させることで、スマホやApple Watchでアプリ立ち上げてというアクションは必要なく、ボタンか指紋認証で自宅のドアの開錠・施錠が出来るんでしょうね。さらに便利になりますね〜。

このラインナップは従来のラインナップの延長、他社追従ということでここは予想の範囲ですね。

先行していたQrioロックシリーズには一足早く製品ラインナップにQrio Padとして発売されていたので、個人的にQrio Pad買おうかな〜と手を出すところだったんですが、思いとどまりましたね。

多分またリーズナブルな価格なんだろうな。

約7,000円程度かな。5,600円程度かな〜。

ということで、ちょっと詳細を見ていきましょう。

1.SwichBotロボット掃除機(2種類)

まずはSwitchBotロボット掃除機ですね。

カラーはホワイト。

だんだん傷が付いて汚れそうなのが心配。

・S1

これがロボット掃除機単体のタイプ。

上部に丸く突き出た箇所がありますが、あそこにレーザーセンサー搭載しているんでしょうねえ。

最初から段差乗り越え・落下防止機能はついてるようです。

製品の大きさは、高さ95mm、幅340mmです。

ルンバが92mm、ECOVACS DEEBOT N7 93mm、Roborock S7+ 96.5mmとちょい高めですかね。

ただ、ニトリとかの最近のソファーカタログとか見ますとロボット掃除機を意識してソファの足を低くても110mm程度は確保しているのであまり問題にならないかもしれません。

また、アプリ側で「仮想壁」機能を設定して、これより狭いエリアに入ることを防ぐことができます。

吸引力はMax2,700Paです。

結構吸引力を測る数値のPaを公表しているメーカーはIRobotのルンバも含め少ないですが、例えば「ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+」は2,300Pa。「Roborock S7+」で2,500PaですからiRobotに追従して参入済みのメーカーの一般的な機種に対してはある同程度の吸引力ですね。

ちなみに、Roborock の上位機種のS7 MAXVは5,100Paと半端ない吸引力ですね。

ま、価格帯が10万円とかのレベルなんでここはターゲットが異なるので良いかな。

・S1 Plus

S1に充電ステーションと一体化した自動ダスト収集ボックスを追加したタイプ。

4リットル大容量ダストバッグで70日間ゴミ自動収集

私の所有しているiRobot i3+だと最大60日分なんで10日分多いですね。

Roomba i3+ 関連記事
【スマートホーム】Roomba(ルンバ) i3+ で毎日の生活が激変!?

こんにちは!!hecatonです。 今回は、今回はついに、ついに手を出したiRobot社のRoombaです。 やっと購入しました。 今では日本メーカーから海外のメーカー、よく知らないメーカーからもロボ ...

続きを見る

hecatonコメント

しかし価格が気になりますね〜。

SwitchBot初の高額製品になりますからね、どの程度にしてくるんでしょうか。

多分リーズナブルなんでしょう。

S1で3万円台、S1 Plusで5万円台ぐらいかな。

最近では結構ご自宅にロボット掃除機って持っている方いますから、他社からの買い替えとしても圧倒的な価格で来るのかな〜って予想していますが、どうでしょうね。

後はSwitchBot製品として購入する意味ですよね。

他のSwitchBot製品とのセンサー連携が他社と異なる優位性として、ユーザーが判断出来るかどうかですね。

ロボット掃除機単体でも21種類センサー搭載ですから十分に足りているかもしれませんが、既存ラインナップの屋内カメラや360°回転可能な見守りカメラと連携して動作したらすごいですね。

その他のSwitchBotとの連携としては、意味あるのかな?

清掃スケジュールもあるしSwichBotロックが施錠されたらロボット掃除機を動作させるとかですかね?

個人的にはIRobotでもあまり他のセンサーと連携させてないので勝負は価格になるかな。

ということで、私は詳細が出るまで購入するのは様子見ですね〜。

2.SwichBotキーパッド(2種類?)

そしてSwitchBotキーパッドですが、スマホがなくても開錠できる。そしてロック解除はワンタッチ。

多分ですがドアの外側に強力な3Mの両面テープでガッチリ設置して、BluetoothでSwitchBotロックと連携させて暗証番号または、指紋でSwitchBotロックでドアの施錠・解除が出来る機器ですね。

SwitchBotの説明では、以下の赤枠の写真は「SwichBotキーパッドタッチ」とのことで、機器の下に指紋認証用のセンサーが設定されているんでしょうね。

これならスマホを持ち歩くことが出来ない小さいお子さんがいる家庭でも、暗証番号または指紋で家に入れますね。

あとは、SwitchBotロックで自動施錠機能の使用を躊躇している方はいよいよこれで安心して使えますね

かくゆう私も、締め出しが怖くて使っていませんので、発売されたら秒で購入予定です。

ということで販売は以下2種類のようです。

・SwichBotキーパッド

・SwichBotキーパッドタッチ

使いたい方は事前SwitchBotロックを用意しましょう。

まとめ

現状で謎に包まれている製品が2種類もありますので、まだまだSwichBotの動向が見逃せません。

個人的には照明系をもっとラインナップ増やして欲しいんですよね。

Philips Hueシリーズは照明のコネクタ形状でもE26、E17と2種類ありますし、カラーも多色と単色、W数の違い等ラインナップが豊富ですからね。

SwichBotもう少し他社追従してラインナップを増やして欲しいです。

これからスマートホーム化する方!!

今後の発売に合わせてまずは、中心となるSwitchBot Hub mini を準備しておきましょう。

SwitchBot Hub mini

これで赤外線リモコンを利用する家電は制御出来るようになります。

しかも外出先からも制御可能になります。

雲型の照明も鮮やかなHubもあります。

SwichBot 関連記事
【スマートホーム】最近のSwitchBotとNature Remo、Amazon Echoについて

こんにちは!!hecatonです。 スマートリモコンで最近Updateがあったので確認してみました。 SwitchBotは新製品発売とアプリで「ホーム共有」ができる様になりました。 今回の新製品は従来 ...

続きを見る

SwitchBotプラグミニ

単純な電源ON/OFFならスマートプラグのSwichBotプラグミニ

私はこの1つ前のモデルのSwichBotプラグを使って照明や加湿器に使ってました。

SwichBot 関連記事
【スマートホーム】SwitchBotプラグで電源制御と電力消費量を監視をしよう!!

前回Philips HueのE17を使うことで、リビングの4つのスポットライト照明が全てAmazon Alexaから制御可能になりました。 残りの照明、フロアライトの「FLOS ARCO」を制御すれば ...

続きを見る

SwitchBotボット

そして壁の照明スイッチとか物理的な押すスイッチを動作させるSwitchBotボット

私はエコキュートのリモコンにボットを取り付けて、家の中でも外出先からもお風呂を沸かしたりしています。

SwichBot 関連記事
【スマートホーム】SwitchBot ボットで家の外からでもお風呂を沸かせる!?

今回はhecaton宅のSmartHome化の続きですね。 私のSmartHome化のStepは以下のとおり少しづつですが進んでます。 いよいよStep5「お風呂の湯沸かし」に突入です。 hecato ...

続きを見る

SwitchBot温湿度計

さらにこれから梅雨時期、夏、冬の乾燥対策として温湿度計の状態をトリガーに各関連機器を操作するためのSwichBot温湿度計

私は特に湿度で制御していて、梅雨時期はエアコンの除湿や冬の乾燥時期にはSwichBotプラグ経由で加湿器を制御していました。

大きな表示が良い方はこちら、SwichBot温湿度計プラス

加湿器も出てます。

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】Nature Remo Vs SwitchBot さあ!どっちだ!!

さ、今回はSmartHome化で重要なスマートリモコン「Nature Remo」 と 「SwitchBot」の比較です。 どっちを買えばいいんだ?ということですね。 ちょっと前置き・・・ SmartH ...

続きを見る

SwicthBotロック

家のドアの施錠・解錠の自動制御にはSwitchBotロック

Qrioロックから乗り換えしました。

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBotスマートロック VS Qrio Lock どうなんだ!?

こんにちは!!hecatonです。 さあ、やっと届きました新製品「SwitchBotスマートロック」!! 11月に注文してやっと先日届きましたよ。 待ちましたね〜。 SwitchBotのラインナップで ...

続きを見る

SwitchBotカーテン

カーテンを自動で開閉させたいならSwitchBotカーテン

SwitchBot開閉センサー

家の中のドアや引き出し等開閉状態を確認したいならSwitchBot開閉センサー

郵便ポストの開閉トビラに設置して郵便物が入ったかどうか通知が来るように使っている方もいましたね。

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBot 開閉センサーでAlexaから 「おかえりなさい!!」って言わせちゃおう!!

こんにちは!!hecatonです。 いや〜暑いですね〜。外で運動は本当に危険になりました。 最近のルーティーンとしてFitBoxもちゃんと取り入れましたよ。 FITBOX LITE 第3世代フィットネ ...

続きを見る

Amazon Echoシリーズ

SwichBotの制御を音声で制御したいならAmazon Echoシリーズ

私の家族みんな音声制御しています。「Alexa TVつけて〜」「Alexaお風呂つけて〜」「Alexaドアの鍵閉めて〜」・・・etc

ほぼ音声制御にしています。超便利。

Amazon Echo関連記事
【スマートホーム】Amazon Echo Showシリーズで最大の画面「Echo Show15」キタ〜!!

こんにちは!!hecatonです。 4月7日にAmazonが展開するスマートディスプレイ、Amazon Echo Showシリーズに新製品が登場しました!! その名も「Amazon Echo Show ...

続きを見る

さらにさらに・・・

SwitchBot人感センサー

誰かがある場所に来たら照明ONとかカメラONとかに使えるSwitchBot人感センサー

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBot 人感センサーを使ってみた!!Nature Remo3との比較もしてみた!

こんにちは!hecatonです。 デルタ株の猛威が凄いですね、水疱瘡なみの感染力だそうです。 今年は夏休みは巣篭もりを徹底してます。 TVやOculus Quest2で海外のリゾート地を観て夏休みをバ ...

続きを見る

SwitchBot屋内カメラ

この人感センサーと連携させてカメラを起動させたりと防犯にも使えるSwitchBot屋内カメラ

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBot 屋内カメラを設置してみた!!シーンやIFTTT連携で防犯もOK!!

こんにちは!!hecatonです。 オリンピック、いろいろありましたが始まりましたね〜。 開会式観てたらビックリした事があります。 現役の看護師の方で、ボクシング女子ミドル級で東京五輪出場を目指した「 ...

続きを見る

SwitchBot見守りカメラ

屋内カメラは向きが固定でしたが、方向を操作させるならSwitchBot見守りカメラ

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBot見守りカメラ 今度はパンチルト機能付きだ!!

こんにちは!!hecatonです。 今回はSwitchBotのカメラシリーズの新製品「見守りカメラ」を購入したので使ってみます。 SwitchBot 防犯カメラ スイッチボット 監視カメラ アレクサ ...

続きを見る

SwitchBotスマート電球

LED照明のON/OFFや色の変化を制御したいならSwitchBotスマート電球

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBotスマート電球(E26)多機能1600万色でいいかも!!

こんにちは、hecatonです!! さ、今回はSwitchBotの「スマート電球」を早速書斎に取り付けました!! 多機能で1600万色のカラー表示が出来きてHUBがなくても動作する、かつこの値段。 コ ...

続きを見る

SwitchBotテープライト

部屋の様々な場所に照明をセットして1600万色で制御したいならSwitchBotテープライト

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBotテープライト VS Philips Hueライトリボンプラス どっちが買いか!?

こんにちは!!hecatonです。 さ、今回は昨年購入しておいたSwichBotのテープライトで遊んでみます。 そして先行しているPhilips Hueのライトリボンプラスと比較してみようと思います。 ...

続きを見る

SwitchBotタグ

ICタグを設置してスマホをかざしてSwitchBot機器を制御したいならSwitchBotタグ

SwitchBot関連記事
【スマートホーム】SwitchBot NFCタグ VS 一般NFCタグ さあどっちだ!? 

こんにちは!!hecatonです。 今回はあのSwichBotからNFCタグが発売されたので早速購入してみました。 一般的なNFCタグと比較して違いはなんなのか、そしてどっちが便利なのか調べてみました ...

続きを見る

さ〜夏に発売ということでみなさんも楽しみにしていましょう!!

 

-Amazon Echoシリーズ, Gadget, SwitchBot
-,

© 2022 hecaton's