AirPods Gadget Headphone

ついにAirPods買ってみた!!

みなさんはヘッドフォンは何を使ってますか。

私は今まで、ノイズキャンセリングが付いている「Beats Studio Wireless」と「TaoTronics TT-BH07」を使っていました。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスノイズキャンセリングオーバーイヤーヘッドホン Studio3 Wireless 連続再生最大約40時間 Bluetooth対応 W1チップ搭載 密閉型 通話可能 リモコン有り マットブラック MQ562PA/A 【国内正規品】

「Beats Studio Wireless」は夏場は暑いのでもっぱら「TaoTronics TT-BH07」を使っていました。案外¥3,000程度で安価で手に入りながら自分なりに音も満足できるレベルなのでに愛用していましたが、どこかで失くしました・・・

で、何を購入しようかと思っていたら、臨時収入が入ったんで「AirPods」を購入しちゃいました!!

発売当時、iPhone の同梱品のEarPodsのケーブル部分をただ無くしたようなデザインが、いざ装着してみるとその見た見た目から「耳からうどん」と揶揄されていました。

私も耳に装置着した感じがダサいと思っていました。

本当に通勤途中でAirPodsつけている人見たら「ダサっ」て思いました。

それがです・・・最近妙に通勤途中でもジムでもAirPodsを使っている方を多く見かけるようになりました。その関係もあってか「見慣れてきた」のでしょうか、逆にかっこよく感じるようになってきたんです。

こんな事言うと怒られますが、メジャーになるとおしゃれな人も付けるようになるからでしょうか・・・すみません。

という心の変化があり、購入に至りました。

で、これ。

シンプルですね。

パッケージ裏です。

開けると・・・

おおっ!!思ったより小さい!!

さらにその底には・・・

充電用のケーブルですね。アダプターはないです。

つるつるで綺麗ですね。やっぱ小さいな。

裏は銀色のアクセントが。

これが蓋を開く際の蝶番なんですね。うまくデザインに取り込んでいます。

真ん中より下にある丸の部分。ここが設定ボタンでリセットが出来ます。

で蓋を開くと・・・

出てきました!!

このAirPodsは耳に装着すると勝手にiPhoneとペアリンクしてくれるので便利です。

Airpodsを取り出した後のケースはこんな感じ。

私がすごく気に入ったのが、AirPodsを使い終わった後のケースに入れる時。

マグネットで吸い込まれるようにAirPodsがカチッって収納されるのが気持ちいいんですよね。そして充電が始まるというこのギミックがすばらしい!!

あと、通話に利用してみるとわかるんですが、下の画像の「TaoTronics TT-BH07」のようなケーブルの途中にマイクがあるタイプと比較すると、AirPodsの方が話しやすいと思いましたし通話相手も聞きとりやすいみたいです。

TaoTronics Bluetooth イヤホン(apt-Xコーデック対応・防水仕樣) 高音質 マグネット搭載 スポーツ仕様 TT-BH07 (ブラック)

AirPodsは話しているのを認識するそうです。

AppleのHPから引用すると、「音声加速度センサーが話すのを認識して2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係しながら、周囲のノイズを取り除いてあなたの声に狙いを定めます。」とのこと。安価なヘッドフォンとは技術が違いますね。

RafaelDesignBE / Pixabay

ただ、音量の操作は本体単体で出来ずSiriで呼びかけるか、iPhone本体で操作するか、Apple Wtachで操作しなきゃいけないので面倒ですね。

あと、音量以外の操作は設定で変更可能です。

左と右のAirpodをダブルタップした際の動作の設定を、下の画像のように割り当てられます。

割り当てられる機能の一覧はこちら。

最後に不満点。

ノイズキャンセルがないんです。

これがないので通勤中は不満が残ります。

ホームとかうるさくて音楽なんか聞こえないです。これが最大の不満。

この遮音性という部分は、安価なカナル式のヘッドフォンの方が分があります。

ちなみに私は「TaoTronics TT-BH07」のイヤーピースだけ付属品を使わずに下の別売のものを付け替えて遮音性を増しています。装着感も付属品は嫌いだったんで。

他の場所では問題ないです。

駅ホームでは一度音楽やPodcast等は聞いていいても電車を降りる前に止めて、毎日通勤で利用しています。

あとは始め利用する際に不安だったのが、ヘッドフォンて左右なにかしらで繋がっているタイプしか利用したことが無かったので、片耳だけ落とすんじゃないかと心配でした。

万が一落とすと片耳だけ¥7,800(税抜き)で購入出来るみたいです。

その際はAirPods本体、充電ケース、購入証明書(レシート)が必要らしいです。

詳しくはAppleのHPで確認してください。

https://support.apple.com/ja-jp/airpods/repair/service

不満部分も記載しましたが、Totalでは気に入りました。

毎日使ってます。

所有する喜びがありますよ、これ。

「耳からうどん」と揶揄しましたが、今ではいろいろなタイプ、そしてメーカーのワイヤレスヘッドフォンが出ていますが、だれから見ても一目でApple製品とわかるその形状がすばらいいと思いました。これを世に出そうと思ったAppleすごいですね。唯一無二のデザインです。

これぞ手のひら返し!!

今後はAirPodsどのように進化するのでしょうか。

iPhoneの進化が止まった感じがするので、最近はアクセサリー類の進化が楽しみです。

では。

-AirPods, Gadget, Headphone

© 2021 hecaton's