DORONE(ドローン) ST-DRONE

【ST-DRONE】ドローン・キットSTEVAL-DRONE01きたー!!

最近ふらっと書店により、雑誌のコーナーをみたらたまに購入する雑誌「Interface」でドローン特集やっているじゃないですか!!

これは買わねば!!

で、購入しました・・・3月号「飛行・走行・航行ドローン&ロボ制御」。

めちゃめちゃ面白そうですね。

今回の特集の第2部に「飛行制御プログラミング実験室」というのがあって、ここで紹介されているドローンのプログラム評価キットに興味を持ちました。

それが室内用ドローン・キット「STEVAL-DRONE01」です。

対象ユーザーは雑誌の記載をみますと「これからドローンの自律飛行制御系の開発設計技術を取得しようとする人」とのこと。

なんか難しそうですが楽しそうです!!

ということで、早速注文しました!!

注文先は2020年2月2日現在ではamazonでは販売していませんので、電子部品と半導体の専門通販サイトの「「chip 1 stop」(チップワンストップ)から購入しました。

chip 1 stop  https://www.chip1stop.com

そして・・・じゃーん!!きましたー!!

午後注文して次の日にはすぐ届きました。

さすが日本国内の倉庫からだと早いですね。

取り出してと・・・

STマイクロエレクトロニクス社製ですね。

さ、中身をみていきましょう!!

箱を開けると・・・

おー!!まずは機体フレームです。

さらに開けましょう!!

下には・・・

モーター、プロペラ、FCU基板、Li-Poバッテリー、プログラム書き込みのためのケーブルとコネクタ類が入っています。

個々にみましょうか。

まず機体フレームですが、モーター間の距離が140mmで17cm×17cmの正方形に入る大きさです。

材質はプラスチックですね。

フレーム重量は22gです。

これが裏面です。

フレーム全体はグレーの配色で表面はザラザラしています。

軽量化のためか6角形の穴がフレームに空いています。

そして、飛行制御ユニットのFCU基板。

下記のマイコンとセンサが一体化されてます。

  • 32ビットMCU
  • 高性能3D磁力計
  • MEMS圧力センサ
  • 3Dデジタル加速度計と3Dデジタルジャイロスコープ
  • STripFET H6パワーMOSFET(モータードライバ)
  • Bluetooth Smart v4.1用
  • 800mAリチウムイオンバッテリ充電器

そしてそして、モーター等

  • φ8.5mm x 20mm 3.7Vモータ × 4個
  • 65mmプロペラ × 4個 + スペア2個
  • etc

最後に

  • LiPoバッテリー 3.7V/600mAh × 1個
  • ST-LINK/V2中継用基板 × 1個
  • etc

以上が同梱物ですね。

あと、それ以外に必要なものがあります。

マイコンへのプログラムの書き込みに、ST-LINK/V2という機器が必要です。

これはAmazonから購入しました。

中身はこんな感じです。

この本体の黒いコネクタに、先ほどのキットに同梱されていたST-LINK/V2中継用基板を接続します。

で、あとはPCとUSB接続しドローン本体にプログラムを書き込みます。

ここまでで、ドローンとBluetoothでスマホを接続し、スマホアプリを介してドローンを操縦するハードの用意が出来ました。

プロポで操作するには、これに受信機を購入しドローンに接続する必要があります。

こちらについてはまた別途。まずはスマホで操作から試してみます。

その他詳細はSTマイクロエレクトロニクスのwebで確認します。

ではまた今度!!

-DORONE(ドローン), ST-DRONE
-, , , , , , ,

© 2020 hecaton's