Beats by Dr.Dre studio wireless Gadget Headphone

Beats by Dr.Dre studio wirelessのイヤーパッドが劣化した!!

クリスマスももう少しですね。

この時期は新規にガジェットを購入するだけでなく、お気に入りのガジェットの手入れをしてあげることも良いかも。

ということで夏には出番がありませんが、この冬こそ絶好の利用時である、密閉型ヘッドホン!!

私のお気に入りはこれです!!

Beats by Dr.Dre  studio wireless

デザイン美しいですね。ネジなんかも全て見えないように隠されてます。

ブラックの光沢がいい感じです。

ちなみに「b」の文字の周りの円の上下の部分がスイッチになっていて音量コントロールが出来ます、また、真ん中の「b」ボタンで曲のコントロールが出来ます。マイクも付いているのでiPhoneで着信があった場合もそのまま話すことが出来ます。

しかも着信するとiPhone上の登録名(例えば友達の名前とか)も伝えてくれます。

私が購入したのは2015年頃で、もともと直販価格で4万円程度してましたが当時3万円代で購入した記憶があります。

音は人それぞれ好みがあると思いますのでなんとも言えませんが、私はビックカメラやアキバのeイヤホンとかに通って、いろいろなヘッドホンで聴き比べしてこれを選びました。自分のiPhoneに入れてきた同じ曲を使ってずーっと聴き比べしました。

やはり、デザインが大きなpointであることは間違いないですし、さらにワイヤレスかつノイズキャンセリング付きというのが最高です。

充電式リチウムイオン電池を内蔵していて、ワイヤレス時で12時間、もちろん有線も可能で有線ケーブル使用時で20時間のバッテリー駆動が可能です。

通勤中とかでもノイズキャンセリング付いているので音源に集中出来るんです。これ最高。

デザインはマットブラックとかもあってCoolな感じも良いのですが、私はこの光沢とブラックとレッドのバランスが好きで「ブラック」を選びました。

しかもアクセサリー類がいちいちカッコいいんですよ、これ。

その1つがキャリングケースですね。今見えないですけどカラビナも付いてます。

開けますと・・・こんな感じで収納されてます。

ちなみに人間工学に基づいたシングル・フローティング・ピヴォット機構によって、さまざまな頭の形にも最適にフィットします。

あと充電アダプターとケーブルですがこれもデザイン性高いですね。カッコいい。お気に入りです。

あと他に、3.5mmイヤホンジャックの有線ケーブルが付いてきます。マイク付きのコントロールボタンが付いてます。

もちろん充電ケーブルと同じカラーリングです。

ただ、これだけ魅力的なヘッドホンですが、購入してから3年も経過するとイヤーパッドが急に劣化してきてボロボロになってくるんですよ。

こんな感じで・・・なんかポロポロ落ちてくるんです破片が。

3万程度で購入してこれは厳しいですよね。

もーこれは付けてられないから「じゃあ、買い換えるか」とはなかなか言えない・・・

ということで修理が出来ないか確認していると、あるじゃないですかAmazonで。

しかも結構安く修理出来る。純正品じゃないけど。

イヤーパッドだけ外れるのね。

ということでポチッと注文!!

はい、来ました!!Primeなんで速攻できます。

で、開封すると・・・

マニュアルが1枚とイヤーパッドが2つ入ってます。

イヤーパッドは片側にUSBケーブルのコネクタがあるので、左右で形が違いますのでわかりやすいですね。

左側のイヤーパッドの下にUSBコネクタの溝がついてますね。

イヤーパッドの両面テープは3Mの両面テープみたいですし安心です。

似たような製品のレビューでは、すぐイヤーパッドが剥がれたとかの報告があるので粘着部分は気をつけないといけないですね。

マニュアルだとクレジットカードみたいな、ある程度の強度のもった薄いカードで、イヤーパッドをはがすやり方が書いてあります。

私は面倒なので自前の爪で。

ではやってみましょう!!

本体を壊さないように力を入れるとところを考えながら、えいや!!

バキ!!

取れました。

案外簡単です、イヤーパッドに付いている両面テープの粘着力を突破できればOKです。

イヤーパッドを外した本体は・・・なんか寂しいというかショボい感じがすごいな・・・

まあ、こんなもんでしょう。

さあ、この調子で反対側も。

えいや!!

両方取れましたね。ショボさが半端ないです。

あの合成皮のイヤーパッドがないと高級感が損なわれますね。

もちろん技術はありますが、みえないので。

さ、新品のイヤーパッドをつけちゃいましょう!!

両面テープを剥がして取り付け先の構造とヘッドホン側の突起に気をつけて位置関係を把握出来たらはめましょう!!

はい、左右取り付け完了!!簡単。

戻りましたね高級感が!!

いやー新品みたいです!!

装着感もいいですね〜これでまた長く使えそうです。あとはバッテリーの劣化だけ心配ですが。

ということで今回はBeats by Dr.Dre studio wirelessのイヤーパッド交換の話でした!!

ちなみに私が購入したイヤーパッドはこれです。

イヤーパッド ear pad イヤークッション Beats by Dr.Dre Studio 2.0 交換用 Beats studio V2 Studio Wireless B0500 B0501 対応 ブラック
Conambo

-Beats by Dr.Dre studio wireless, Gadget, Headphone

© 2021 hecaton's