DORONE(ドローン) ST BLE Drone ST-DRONE

【ST-DRONE】ドローン・キットSTEVAL-DRONE01をiPhoneで飛ばす!!

今回はSTEVAL-DRONE01の組み立てが完了したので、飛行テストをしてみます。

まだプロポ用レシバーが届いていないので、スマホでテストします。

今回iPhoneで試しますので、まずはiPhoneアプリをDLしてみます。

App storeから「ST BLE Drone」を検索。

DL出来たら、次にSTEVAL-DRONE01にLi-Poバッテリーを接続し、電源を入れておきます。

LEDが点滅状態になります。

これでBluetoothがONになっている状態になります。

アプリを立ち上げて・・・

「start discovering」をタップ

するとSTEVAL-DRONE01本体が出てきますのでこれをタップ。

ペアリング出来るとLEDが点滅から点灯にかわります。

そして下の画面になります。

画面中央にメッセージがありますが、「Status:Uncalibrated」と出ています。

最初に操縦の仕方は通常のTinnyWhoopとかで利用するプロポと同様にするために、「モードII」に私はしました。上画面は既にモードIIになっています。

モードIIは左がスロットルになります。

スロットルはこの機体の上昇下降を制御しますので、左側の青い丸のスティックを上げるとモーターの回転数が上がって上昇します。

ここで、モードの変更の設定は、右上の3つの縦に並ぶ「・・・」をタップしてください。

すると下の画面になりますので「Settings」をタップ。

その遷移先の画面の下にスクロールすると、モードの変更が可能になりますので「Mode2」を選択し先ほどの画面に戻ります。

それでは次に「Calibrate」をタップしキャリブレーションします。

キャリブレーションが終わると、Statusが「Calibrated」に変わります。

次にその下の「Arm」をタップして「Armed」にメッセージが変わったら離陸準備が出来ました。

ここまで出来たら静かに左側の青い丸のスティックに親指を置いて、ゆっくり画面上の矢印に向けて動かします。

するとドローンの4つのプロペラが一斉にヴィ〜〜〜ンと回転します。

ちょっとうれしいですね、ちゃんと動作すると。

実際の設定と動作を動画にしてみました。

プログラムの書き込みをしなくても、製品購入状態のままでスマホで操作可能なのがわかりました。

ただ私の場合、前回付属のモーターを壊しているので、1個だけ異なるモーターなんです。

それのせいなのか、このドローン、床から10cm程度しか上昇出来ません。

回転数が足りないのか?・・・

スロットル全開なのになんでだ!!

というこんな格闘の日々が続きます・・・

-DORONE(ドローン), ST BLE Drone, ST-DRONE
-, , ,

© 2020 hecaton's