APEMAN C420D APEMAN C860 ドライブレコーダー

【ドラレコ】apemanのドラレコC420D&C860購入!!

3年ぶりのドラレコ購入です。しかも今回は2つ購入。

過去にAPEMANという企業のドラレコC550というものを購入、1万円を切る価格ながらも車体の前後にカメラを設置出来るデュアルレレンズ仕様で1200万画素 170度広角 1080PフルHD 、かつGPSでの位置情報もリンクできるコストパフォーマンスの良いものでした。

ドラレコ関連記事
【ドラレコ】購入ドラレコはコレ!!

今回私hecatonが購入したのはこちら!! 1.APEMAN  「C550」 特徴:Gセンサー付き、リアカメラ付属、本体1万円以下 ただし、SDカードとGPSは別売り APEMAN ドライブレコーダ ...

続きを見る

まだまだ動いてますが、親戚が軽自動車を購入したのでそのお祝いに1台プレゼント。

そして、私もリアカメラの画像が少しちらつき始めたので買い替えようと思い1台購入。

まず1つ目はこちら「APEMAN C420D」。

これはプレゼント用に購入。

最近はパッケージもおしゃれね。

32GのSDカード付きなのはうれしいですね。

これが本体です。すごいコンパクト。

これリアカメラです。ケーブル一体型です。

ケーブルの途中でカメラだけ分離出来そうだな・・・。ここはC550の時と一緒かな。

カメラをフロントガラスに設置するための吸盤、USBケーブル、シガーソケット電源ケーブル、そしてさきほどのmicroSDカード32G。

ありがたいことに内張り剥がしヘラが付いてきます。(クローバーという名称みたいです)

これでケーブルを窓際の隙間とかに入れて、ケーブルを隠した配線がしやすくなります。

詳細はAPEMAN公式Youtubeサイトにて確認してくだださい。

ちなみに私は以前も紹介しましたが、車の内容の配線用に以下のツールを購入しました。

特に付属のヘラは少し先が分厚いので、やはり個別に購入したヘラの方が作業はやりやすかったです。

配線ガイドもあると、ちょっとした隙間の間にケーブルを這わしたい時とかに便利です。

ちょっと休憩・・・ランボルギーニ・アヴェンタドールかいいな。

そーいえばDJのAfrojack(アフロジャック)ってランボルギーニ好きだけど、まさかLamborghini(ランボルギーニ)創立者の孫娘、 Elettra Lamborghini(エレットラ・ランボルギーニ)と結婚するとはびっくりしました。

じゃあ本題に戻って・・・2つ目の少しグレードを高くした製品、C860。

これは自分用。

こちらもおしゃれですね。グレーにオレンジのワンポイント。

こちらにはSDカードは同梱されていません。残念。

忘れずに購入しましょう。32〜128Gまで対応しています。

フロントカメラ本体です。もうデジカメですね。

3インチ液晶です。

右側から、フロントガラスに取り付ける吸引マウンタの取付スロット、リアカメラ接続ポート、電源用USBコネクタ。

これがリアカメラ。ちゃんとした作りですね。

前に使っていたC550を彷彿とさせるデザインです。

こんな感じでカメラのチルトを変更出来ます。

リアカメラとケーブルはちゃんと分離されてます。それぞれが壊れたらAPEMANさんへ相談すれば購入出来るかな。

本体とリアカメラの接続はC420Dのような3.5mmのイヤフォンジャックのような形状ではなくUSBタイプですね。

フロントガラスへの取付マウンタですね。

左の突起部分を右に回して固定完了です。

そして付属品。こちらもC420Dとほぼ同じですね。リアカメラのケーブルが分離されているのが違い。

設置車両はエルグランドなんですが、 リアからフロントガラスに設置したカメラ本体につないでも、ケーブルの余長は十分ですので大抵の車なら問題ないです。

まあ・・・ここまでのリムジンになるとケーブル延長しないと無理かな・・・

冗談はさておき、詳細はAPEMANの公式Youtubeで確認出来ます。

ちょっとせっかくなので、C420DとC860を比較してみましょう。

左がC860、右がC420Dです。

C860は表面がカーボン柄、センサーにはSONYのIMX335を使っていますので、映像の明るい部分と暗い部分のバランスを自動的に調整して、低照度環境での夜間視野を大幅に向上してくれます。

C860は420mAhリチウムイオン電池内蔵です。C420Dは容量の記載がないですが、緊急ファイルのバックアップ専用としてバッテリーがあるようです。

左がC860、右がC420Dです。

それぞれの本体の厚さもほぼ同じ。若干C860の方がC420Dより薄いですね。

左がC860、右がC420Dです。

ボタンはそれぞれ同じ数で操作感はかわらない。C420Dはなぜか電源ボタンに電源のマーク入り・・・なんでだ。

左がC860、右がC420Dです。

左から、3.0インチと2.0インチです。やはり比較するとC860は画面でかいですね。

上がC420D、下がC860です。

本体フロントカメラとリアカメラの比較。

C420Dはリアは720Pに固定されています。防水なので外側にも取付可能ですね。

C860は1080Pとなります。

レンズは170度の超広角。

以前購入したC550はこれでした。別売りのGPSユニットと接続出来たのですが、今回はGPSに対応していません。

これも最初のうちは走行履歴とGPSデータから観光名所を振り返ったりと当初は楽しんでいたのですが、今では全く利用しなくなりました。だからGPSは必ずしもドラレコで必須ではないかもしれません。

また当時は本体とGPSを3Mの粘着シートで、直接窓ガラスに取付てました。

これがいざ交換となると面倒で。

なかなかその粘着シートがガラスから剥がれません。

ドライヤーとかで粘着シートを熱して剥がそうとしましたが、粘着シートの残りカスがしつこくてきれいに取れないです・・・

困り果てたところ救世主登場!!

「粘着シート剥がし」を私は購入しました。これですこしずつ剥がします。

本当に今回から吸引マウントになって本当によかったです。

ということで、今回はドラレコの買い替えで、2種類のドラレコの紹介でした!!

 

-APEMAN C420D, APEMAN C860, ドライブレコーダー
-,

© 2020 hecaton's