Gadget カーモニター

後部座席にカーモニターつけるぞ〜!!

今回は少し安かったのでエルグランドの後部座席用にカーモニターを購入しました。

これです。

カイホウの10.1インチモニター KHーH1000です。

中身はこんな感じ

ヘッドレストスタンドとリモコンまで付いてますね。

では早速車に移動してつけちゃいましょう!!

ん?このケーブルはもしや・・・

電源をヒューズから取るやつか!?俺やった事ないぞ・・・

でもなーもう買っちゃったしな、やるしかないか。

ということで、ど素人のモニター接続編です。

まず道具やらパーツがないので下調べですね。

まずヒューズから電源取るんでヒューズBOXの確認。

エルグランドは運転席の右下の小物ケースの裏にあります。

で、ケースを開けて、ケースをはずすとこんな感じ。

出てきましたヒューズBOX。

で、どこのヒューズから取るんだ?

ケースの裏を見て確認するか。

何かあった際に安全なのは・・・電子部品とかエアバックのヒューズとかは怖いですよね。

だから下段の「オーディオ/ミラー」10Aから取ります。

それでヒューズの形状ですが、どれなんでしょうか?

①平型ヒューズ?

エーモン 平型ヒューズ 10A 10個入 2987

②ミニ平型ヒューズ?

エーモン ミニ平型ヒューズ 15A 10個入 2984

③低背ヒューズ?

キジマ(Kijima) ヒューズ 低背型 5A 2個入り 304-7113

まず引っこ抜くか・・・ヒューズBOXの中の右下の白いやつがヒューズ抜きなんで、これ使って抜いてみます。

下の細い方をヒューズ側にして抜きます。

抜けました。

これ「低背ヒューズ」ですね。

あとアンペアですが、このモニター消費電力が4Wで車が12Vなんで4W÷12Vで0.33Aです。

ヒューズは10Aのヒューズなんで取り出せるのは5Aって決まってるので、0.3Aなら十分ですね。ということで、5Aの「ヒューズ電源」パーツを購入すれば良いことがわかりました。

あと、配線イメージとしては、運転席下のヒューズBOXから運転席下のステップの下を電源ケーブルと映像ケーブルを這わして、運転席の下から後部座席へのルートですね。

では、カーアクセサリーSHOPに行って買ってきます!!

本来ならAmazonで購入するんですけど、今すぐやりたいので行ってきます。

はい、買ってきました。

まずは「低背ヒューズ電源」5Aのやつ。

後は、エルグランドのステップとかパネルを剥がす道具とケーブルの取り回しが楽になる道具。

あと電気を扱うのでテスターです。

このSANWAのPM3はコンパクトで汎用性が高く扱いやすいので1個持っておくと良いと思います。

車の配線いじりが好きな方は検電テスターの方が扱い易いです。

通電しているか確認する際テスターは数値を見ますが、検電テスターは通電するとLEDが光るのでわかり易いですよね。

・検電テスター

エーモン 検電テスター A49

ではやりますか。

ど素人なんでドキドキです。

まず電源からで「低背ヒューズ電源」を開封するとこんな感じ。

5Aの銀色のシールが貼ってある白くて長いケースにヒューズが入ってます。

で、右下の赤い低背ヒューズは片側にケーブルが繋がっていて、その繋がっているケーブルの方の端子がヒューズBOXの電源側に付けます。

これはヒューズBOXの上下の端子をテスターでつないで確認すればわかります。

比較しますね。

左がヒューズBOXから抜いたもの、右がこれから入れるヒューズ電源。

そんでヒューズBOXに接続します。

ちょっと見にくいですが、上側にケーブル側をもってきてヒューズを入れます。

あとはアースを取れば電気が流れますので・・・どこに取ればいいかな。

ヒューズBOXの右にあるじゃない。よかった。

固い、固すぎる。・・・しかも場所が場所だから回すのが難しい・・・やめよ。

別の場所考えよ・・・

ということで次回、配線!!

<今回利用したもの>



 

 

-Gadget, カーモニター

© 2021 hecaton's