mobile 0SIM

0SIM サービス終了なの?nuroモバイルか別のMVNOサービスに移行するか?

今回は以前から利用している「0SIM」のサービス終了についてです。

「0SIM」はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のMVNOサービス「nuroモバイル」で提供するサービスで、
毎月500MB未満まで無料というなかなか面白いサービスです。

2015年12月にサービスを開始し、「デジモノステーション2016年2月号」の付録としてこの0SIMが付いていました。
雑誌の付録にSIMカード、ってプロモーションが斬新ですよね。
当時はこの雑誌をこぞって購入しようとした人達で品薄になり、オークションにも出回るなど結構話題になりました。

この0SIM、データ通信が500MB未満までであれば無料という特徴を活かして、日々データ量をCheckしていれば毎月無料でスマホを維持出来るわけですね。

そもそも月のデータ使用料が少ない方やサブ回線として利用する人にとっては非常に良いサービスです。

サブ回線利用であれば、例えば、主要キャリアで家族で10Gをシェアしているとすると、子供の年齢が増すに連れてデータ利用料も比例して増加しますので10Gの上限なんてすぐに到達してしまします。上限を超えると通信スピードが128kbpsになりますから、我慢出来ずにデータ量を追加しちゃうんですよね。
1G追加optionで1000円追加です。
ここでサブ回線の登場!!0SIMを使えば500MBさらに無料で使えます。

0SIMを維持する際に気を付ける必要があるのは、データ量です。
3ヶ月連続で回線を利用していないと自動解約になります。

また、500MB以上では100MBごとに100円かかってしまうのでいつも公式サイトやアプリでデータ使用量を確認して維持費¥0にしていました。
じゃあ複数枚所有して3枚あれば500MB×3枚で1.5GBも利用可能じゃん!!、とか考えがちですが1人1枚と決まっていますのでこれはNG。
ただ、家族それぞれで契約していればOKですね。

500MBって何が出来るのか?ということですが目安としては、youtubeで動画を観ると2M/分程度消費するとして250分ですので、2時間映画で2本分ですね。
TVドラマだと1話45分程度なので、5話ぐらいは1ヶ月楽しめることになりますが、0SIMの場合ストリーミング動画視聴用途だと不向きですね。一時的に通信速度を制限する場合がありますから。

私は最近通勤中動画を観ることが多くなってきて毎月無料範囲内の500MB内に納めることが出来なくなってきました。

今はまっている動画が「The Last Ship」っていうドラマで、今新型コロナで世界中が感染拡大して問題になっていますが、このドラマの題材はウイルスによるパンデミックの世界を1隻のアメリカ海軍駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」、そして艦長のトム・チャンドラーが率いる乗組員達とウイルス学者たちが救う戦いのドラマです。

アメリカ海軍全面協力ですから駆逐艦同士の戦いや兵器類も迫力があります、そして制作総指揮にアルマゲドンやトランスフォーマーで有名なマイケル・ベイも加わっています。リーダーとしての生き様も勉強になったな〜。

ハマって一気にシーズン1〜5まで全てみました。これ本当にオススメ。今のコロナの状況を考えるとより緊迫感が感じられます。

ちょっと脱線しましたが・・・

なので今ではさらにサブ回線利用としてUQモバイルも使っていて、0SIM含め1人で3回線使ってます。
電話とか普段用のメイン回線はドコモです。
メインキャリアで1Gを¥1,000でおかわりするより、同じ価格で3Gの容量を使えるのでサブ回線としてはお得です。
あと災害用として、キャリアの異なる回線を2つ常に持っているのは何かあった際に安心です。

ちょっと前までは中古のスマホに0SIM入れて子供に使わせてましたが、学校でスマホ利用が禁止になってから、使用頻度がどんどん落ちていきました。
なので、最近は500MB利用の権利を失わないように、たまにちょっとだけ通信して継続利用している状態で、そうゆう意味で世の中的にも私の中でも役割を終えたサービスですね。

そんなサービスが、2020年2月17日で新規受付を既に終了し、そして2020年8月31日にサービス終了となります。
9月1日以降は順次自動解約とのこと。
で、6月から8月30日までnuroモバイルへのサービス変更受付をしていますので、ここでnuroモバイルに移行したい人は移行すれば良いですね。
この場合、SIMと電話番号はそのままに手数料なしで移行出来きます。
ただし、SIMコードの形状をかえたり契約プランの変更、契約回線を変更しないのでが条件です。
例えば、標準SIMからMicro やnano SIMに変換すると¥3,000かかりますが、サイズ変更は出来ます。
逆に変更が出来ないのは、データ専用から音声プランへ変更する等の契約プランの変更やドコモ回線からauまたはソフトバンク回線への変更です。
この場合は新規申込になります。
これは各種手数料がかかりますので、無料移行するなら今の契約プランと回線のままでしょうね。

詳しくは公式の0SIMのWebサイトで確認してください。

メモ

0SIMサービス終了のお知らせ

https://mobile.nuro.jp/0sim/close.html

そして気になるのが移行先のnuroモバイルの料金ですよね。
ドコモ、au、ソフトバンクと3回戦から選択出来ますが、プランはS(2G)・M(7G)・L(13G)という3つのプランにお試しプラン(0.2G)というのもあります。
それぞれプランで、ドコモ回線が今のところ一番安いですね。

気をつけなきゃいけないのが、0.2Gで¥300/月というお試しプランは、このプランから例えばSとかLとかのプランに変更出来ますが
その逆はダメだということです。
まあ、今まで維持費¥0に抑えていた人は、月¥300払ってさらに毎月の要領が500MBから200MBに下がるんであれば移行しないですよね。私は移行しないかな〜。

メモ

nuroモバイル 料金プラン

https://mobile.nuro.jp/service.html

 

あと、私が車のドライブ用に魅力を感じているのがNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」ですね。

注目が「MUSICカウントフリー」、なんと「OCN モバイル ONE」を使っている方なら申し込めば追加料金なしに対象のMUSICサービスの料金がかからないんです。これまさに音楽好きにはたまらないサービスですよね。

しかも対象サービスはこんなにありますよ。

メモ

<対象サービス>

Amazon Music(Prime Music、Amazon Music Unlimited)、ANiUTa、AWA、dヒッツ、Google Play Music、LINE MUSIC、RecMusic、Spotify、ひかりTVミュージック

詳しくは公式ページをご覧ください。



ということで、今回は0SIMのサービス終了と次の移行先のMVNOについてでした!!

-mobile, 0SIM
-, , , ,

© 2021 hecaton's