Flysky FS2A 4CHレシーバ Gadget Jumper T8SG V2.0 Plus ST-DRONE

【ST-DRONE】ドローン・キットSTEVAL-DRONE01をプロポで飛ばす!!その1

今回は「Interface3月号」の記事を参考に、STEVAL-DRONE01をプロポを使って飛ばす準備をします。

ST-DRONE関連記事
【ST-DRONE】ドローン・キットSTEVAL-DRONE01をiPhoneで飛ばす!!

今回はSTEVAL-DRONE01の組み立てが完了したので、飛行テストをしてみます。 まだプロポ用レシバーが届いていないので、スマホでテストします。 今回iPhoneで試しますので、まずはiPhone ...

続きを見る

「STEVAL-DRONE01」はこれです。

コロナの影響でなかなか中国から届かなかった受信機(レシーバー)がやっと届きました!!

これです。

中国からなんでね、またチープな感じの汚いビニール袋にこれが入ってました・・・

中身はこれ。

Flysky FS2A 4CHレシーバ です。

プロトコルは「AFHDS 2A」で、出力信号:PWMで4chのものです。

プロポはこれです。

Jumper T8SG V2.0 Plusです!!

私のはモード2です。

マルチプロトコルですからFlyskyのAFHDS 2Aプロトコルも対応してます!!

重量は付属品含め2.1g。

早速DIMEの付録スケールが役に立ってますね。

今回は本体しか利用しないので1.16gです。仕様上は0.9gでした。

では「STEVAL-DRONE01」に接続するための工作をしましょう。

Flysky FS2A 4CHレシーバの端子は、上からPWM、VCC、GNDになってます。

PWMは4CHなので「STEVAL-DRONE01」のPWM端子のそれぞれのCHに対応した配線をします。

CH番号が記載してありますので、わかりやすいですね。

一方VCCとGNDはどこか1つの端子にそれぞれ半田付けすればOKです。

それぞれのCHの列のVCCとGNDに配線しなくても良いということです。

多少重量が加算されますが、私はコネクタ接続します。

また例の道具達の登場です。

半田付けをしてと・・・

相変わらず下手くそで汚い半田付けですが、まあいいでしょう。

LED点滅しているし問題なさそうですね。

ということで、次回「STEVAL-DRONE01」と接続しプロポと接続してみます!!

ST-DRONE関連記事
【ST-DRONE】ドローン・キットSTEVAL-DRONE01をiPhoneで飛ばす!!

今回はSTEVAL-DRONE01の組み立てが完了したので、飛行テストをしてみます。 まだプロポ用レシバーが届いていないので、スマホでテストします。 今回iPhoneで試しますので、まずはiPhone ...

続きを見る




 

-Flysky FS2A 4CHレシーバ, Gadget, Jumper T8SG V2.0 Plus, ST-DRONE
-, , ,

© 2021 hecaton's